人気ブログランキング | 話題のタグを見る

【第1166話】自分の出来よりクラブマネジメント優先

こんにちは。佐藤です。


同僚スタッフの研修を担っておりますが、


恥ずかしながら私自身ができていないことも時には伝えなければなりません。


本来であれば、私自身ができる上で伝えることが望ましいですが、


クラブ運営上、なかなかそうもいきません。


それは伝える際の旬があり、現場においても改善する旬なタイミングがあるからです。


それを逃してしまえば、伝える内容も伝わりにくくなり、改善においては手遅れになることもあります。


常に自分自身ができる状態で研修や指導するということは決してなく、能力不足で事にあたらなければならないこともあります。


だから私自身決めていることは自分ができることを前提にするのでなく、


クラブマネジメントを第一優先にすると強く決めております。


これは自分ができるできない関わらず、伝えなければいけないタイミングで伝えるということです。


そう決めておかなければ、伝える際にもさまざまな感情が邪魔をします。


自分もできていない上で伝えることによる罪悪感や、年齢や経験年数から当時の自分と重ねて伝えるタイミングを躊躇うなど、


そのような感情から伝える内容が曖昧になり、はっきり伝えることが難しくなります。


だから私自身このような複雑な気持ちをを取り払うためにも同僚スタッフによく前置きします。


「自分自身も完璧にできていないけど、クラブマネジメントを優先して伝える」と。


なぜクラブマネジメントを優先するかといえば、通われるお客様はクラブのトレーナーよりも年上で、人生経験の質も量も遥かに上です。


それによってお客様は私たちが気づけない点、気づかない点にも気づきます。


ただその際にクラブのマネージャーができることだけしか同僚トレーナーに伝えられないと


お客様の不安や不満に繋がり、のちにクラブは衰退していきます。


だからこそ、伝え方には気をつけつつ、お客様やクラブマネジメントを優先した研修、指導をしております。


とはいえ、私自身、大変申し訳ない気持ちもあります。


その為にも同僚スタッフ以上に学びの時間や量を課して、


必死に高めていこうと思っております。



最後までお読みいただきありがとうございます。


by fitnessbiztrainer | 2021-10-07 08:00

トレーナーに必要な専門力とビジネス力を備えるための観点を示す内容です


by fitnessbiztrainer